マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

配偶者を失ったら遺族基礎年金と遺族厚生年金が頼り

2016年5月19日 7:00

配偶者が亡くなったときに頼りになるのは遺族年金

配偶者が亡くなったときに頼りになるのは遺族年金

配偶者を失った悲しみが癒えるまもなく、襲ってくるのがお金の悩みだ。そのときに頼りになるのが、遺族年金だ。遺族年金には、2つの種類がある。一つ目は、遺族基礎年金。

20才以上の人が亡くなった場合、子供のいる配偶者か子供に支払われる年金。20才未満の厚生年金加入者が亡くなった場合にも支給される。支給期限は、子供が18才になる年度末まで(障害のある場合は、20才未満)。

2016年の年間基本受給額は、78万100円。これに子供の数だけ、受給額が加算される。第一子と第二子は、それぞれ年間22万4500円、第三子以降は年間7万4800円加算される。

「第三子以降は、統計的に見て、1人あたりに必要な生活費が減っていくことがわかっているので、大幅に減額されているのだと思います」(ファイナンシャルプランナーの平野泰嗣さん、以下「」内同)

例えば、15才の長男と12才の次男がいる場合、年間で、78万100円(基本額)+22万4500円(第一子加算分)+22万4500円(第二子加算分)=122万9100円がもらえる。

  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。