マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

徳井義実は申告漏れと所得隠し… 税金を払わない人の末路は?

2019年10月30日 15:00

「無申告」にはデメリットしかない(チュートリアルの徳井義実。写真:時事通信フォト)

 お笑いコンビチュートリアルの徳井義実さんが、自身の個人会社の申告漏れと所得隠しが発覚したことが話題となっている。一般の会社員の場合、税金は勤務先を通して支払うので意識する機会が少ないが、投資や副業をしている人にとっては「ルーズ」では済まされない問題となる。当然ながら、個人事業主やフリーランスの人にも同様だ。

 確定申告の必要のない会社員でも、本業以外の副業や投資などで20万円を超える所得があれば原則として確定申告をしなければならない。法人を設立して法人から自身に給与を支払う形にすれば、「給与所得控除」というサラリーマンと同じ優遇を受けられるうえ、経費計上もできるので、渦中の人気芸人もこうした節税を狙って法人を設立したと思われる。

 もちろんこれだけなら合法だが、正しく申告することが大前提だ。「無申告」にはメリットはひとつもなく、デメリットしかない。「申告しなかったが特にお咎めはなかった」というのは実はよく聞かれることだが、これは税務署が申告期限が過ぎた案件に対してすぐ動く体制になっていないだけで、本当に何のお咎めもないかはわからない。今回のように、3年後にまとめて督促が来るとか、もっと時間が経ってから指摘を受けることもある。

 一度税務署に指摘を受けたら、逃れることは不可能と思っていい。支払いを拒否し続ければ資産や銀行口座を差し押さえられることになる。「バレたらその時払えばいい」と考えていたとしても、その際は本来納税すべき時期から支払う時期までの「利息」にあたる延滞税をプラスして払わなければならない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。