マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「霊園」と「納骨堂」どちらを選ぶ? それぞれにかかる費用と手間

2019年12月24日 15:00

お参りする人の負担も考えて選びたい
お参りする人の負担も考えて選びたい

 残された家族に負担をかけないよう、「供養は簡単に」と遺言を残す人も増えている昨今、墓の費用と手間の抑え方も多様化してきた。では、霊園に墓を建てる場合と、納骨堂に遺骨を収める場合、費用的にはどちらがお得なのか。

 墓を建てる場合、永代使用料や墓石代、年間管理料などで一般的には150万~300万円ほどの費用がかかる。法要のたびにお布施や会食、引き出物などの費用も必要で、時間も手間も要する。

 高齢化で墓の継承者が途絶えるなど社会問題となるなか、近年人気化しているのが納骨堂だ。納骨堂は、コインロッカー式のものや棚式、仏壇式などさまざまな形があり、費用も一般的に数万~数十万円と手頃。費用に年間管理料が含まれる場合も多く、墓と比べて管理に手間もかからない。

 もともと墓地が見つかるまでの一時保管場所だった納骨堂。長寿時代、老後のお金を確保するためにも時代に合った故人の弔い方を検討したい。

※女性セブン2020年1月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。