マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

親子で使うとメリットが大きい「医療・介護・住宅の得する制度」6

2020年5月4日 16:00 週刊ポスト

親子で使うとメリットが大きくなる「得する制度6」
親子で使うとメリットが大きくなる「得する制度6」

薬代も控除対象に

 親子合算しても医療費が10万円に満たない場合は、「セルフメディケーション税制」がある。

 風邪薬、胃薬、頭痛薬などスイッチOTC医薬品(医療用から転用された市販薬)を年間1万2000円を超えて購入した場合、超過額が最大8万8000円分まで所得控除の対象となる。

「こちらも家族で合算できます。親子でレシートを集めればそれなりの額になる世帯は少なくないでしょう」(前出・犬山氏)

 親を自宅で介護する場合、手すりの設置や段差の解消など自宅の改修にも得する制度がある。親の介護のためのリフォームには、介護保険の「高齢者住宅改修費用助成制度」や税制の「住宅特定改修特別税額控除」などが活用できるが、ここでも注意点がある。

「息子夫婦が親名義の家に同居している場合に、所有者ではない子供が改修費用を出すと贈与税がかかるケースがあるので、贈与税のかからない年間110万円以内で改修しましょう。そうすれば親が介護保険の助成と税額控除を申請できます」(同前)

 賢く活用して親子で得したい。

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。