マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

0~15歳まで 子供の年齢で変わる「子育て世帯が活用したい制度」10

2020年5月7日 16:00 週刊ポスト

「子供の年齢」で変わる「子育て世帯が活用したい制度10」
「子供の年齢」で変わる「子育て世帯が活用したい制度10」

 子育て世帯への支援は、住んでいる自治体や「子供の年齢」によって、使える制度が変わってくる。数年単位で給付の対象となるか、手当をいくらもらえるのか、といったことが違うので、子育て世代は“節目の年齢”を理解しておく必要がある。

 表にその一部を整理したが、児童手当(本則給付)にしても、3歳未満は月額1万5000円なのが、3歳以降(中学校卒業まで)は原則1万円と額が変わる。昨年10月の消費増税に伴ってスタートした幼稚園・保育園無償化も、3~5歳は原則全世帯が対象だが、0~2歳は住民税非課税世帯のみが対象となる。

 子供の医療費の自己負担軽減や賃貸住宅への入居支援なども自治体によって子供の年齢で対象が変わるのでさらに複雑だ。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏が解説する。

「どのような子育て支援があるかを調べ、場合によっては転居を検討する価値もある。家族で話し合い、検討する時間のある今こそ、子育て世帯が考えられることは多いでしょう」

※週刊ポスト2020年5月8・15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。