マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

安いジェネリック薬が不安な人には「お試し調剤」という手もある

2020年5月29日 15:00

薬代の節約にもつながるジェネリック薬だが…(イメージ)
薬代の節約にもつながるジェネリック薬だが…(イメージ)

 病院で処方箋を受けた際、薬そのものの値段である「薬剤料」は、もらう薬をジェネリック薬(後発医薬品)にすると大幅に軽減できる。銀座薬局の代表薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。

「ジェネリック薬は、特許期間が切れた先発薬と同じ有効成分で作られた後発の医薬品です。薬効成分の研究開発費が不要なため、薬剤料は先発薬の2~7割ほど安くなります。

 なかでも高血圧や糖尿病などの生活習慣病は長期にわたって薬を服用する必要があるため、値段が安いジェネリック薬の節約効果が大きくなります」

 だが、知っておきたいのはジェネリック薬の安全性だ。先発薬と効果は同じでも、中身が全く同じというわけではない。

「先発薬と薬効成分や副作用は変わりませんが、添加物などが違うケースがあります。先発薬をジェネリックに変えたときに、添加剤によってアレルギーなどが生じる可能性があります。薬を変えた際には体調に注意を払い、異変を感じたら速やかに医師や薬剤師に相談することが大切です」(前出・長澤氏)

 不安を感じる人には、「お試し調剤(分割調剤)」という手がある。

「複数の薬を飲んでいる人は、まず1種類の薬を1週間だけジェネリック薬にしてみて、問題がなければ徐々にジェネリック薬を増やしましょう」(前出・長澤氏)

 医師や薬剤師と話し合い、飲み慣れた薬を変更するメリット・デメリットを確認した上で活用したい。

※週刊ポスト2020年6月5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。