マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療費で意外と知らない「保険適用」か「自費負担」かの境界線

2020年5月24日 7:00

実は全額自己負担になってしまう診療項目リスト
実は全額自己負担になってしまう診療項目リスト

 医療費で保険が適用されない項目の代表といえば、先進医療だ。「評価療養」と呼ばれ、将来的に保険が適用される可能性のある治療法が含まれる。一方、意外と知らない自費の診療項目もある。それらを把握して、思わぬ負担増を避けることが大切だ。

「セカンドオピニオン」とは主治医が提示した治療法や診断について、他の医者に意見を求めることだが、全額自費になる。自身もがん治療の経験があるファイナンシャルプランナーの黒田尚子氏は、注意点をこう語る。

「セカンドオピニオンは1時間で約1万円以上、さらに30分単位で加算されるので高額になります。単に“主治医の話がよく分からないからセカンドオピニオンを求める”という姿勢では、良い結果は得られないでしょう」

 時間制限があるため、患者側にもある程度の理解力が必要だという。

「主治医のファーストオピニオンを理解せずに、漫然と意見をもらいに行っても、有料の時間が長くなるだけです。

 まずは主治医に質問を重ねて、ファーストオピニオンの内容を理解してください。それでも納得できない場合は、セカンドオピニオンに行く前に質問リストを作り、知りたいことをあらかじめ整理して臨めば、時間内に充実した話を聞けるはずです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。