マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「Google Meet」の無料開放でも注目 「G Suite」採用企業が増えている背景

2020年7月9日 7:00

Googleのグループウェア「G Suite」の魅力とは?(HPより)
Googleのグループウェア「G Suite」の魅力とは?(HPより)

 テレワークの基本ツールのひとつが、法人向けのグループウェア。グーグルはGmailをはじめ様々なツールを無料提供しているが、中でも有料のグループウェアが「G Suite(ジー・スイート)」だ。2019年末の段階で月間アクティブユーザー数が20億人を越えていたが、テレワーク導入の流れで、さらに採用する企業が相次いでいるという。

 グループウェアとは、組織の基盤となる情報共有やコミュニケーションを支えるためのソフトウェア。要はビジネスチャットやWeb会議、オンラインストレージといった便利ツールがパッケージになった、法人向けの有料プランだ。

 G Suite人気の理由のひとつとして挙げられるのが、Gmailアカウントの圧倒的な数の多さだ。グループウェア導入に伴う主な課題は、社員がなかなか使いこなせないこと。しかし普段からGmailや連携機能を使いこなしている社員であれば、G Suiteにもすんなり対応できる。ほかにも管理者機能を使えば、情報漏洩などのリスクを抑えられる点も魅力だ。

 なお、今年5月にはG Suiteで使えるWeb会議ツール「Google Meet(グーグルミート)」が、無料ユーザーにも開放されるようになった。G Suite版に比べるとスペックは多少ダウンするが、連続利用時間は60分、最大参加人数は100人と、大会議にも十分対応できる(9月30日までは24時間利用可能)。

 実はGmailアカウントでも、すでに2つのWeb会議ツール(Hangouts、Duo)が利用できるのだが、参加可能人数が少なく、いずれも組織向けとは言いがたかった。Google Meetの無料開放で、Web会議の選択肢もますます増えていくことだろう。

※週刊ポスト2020年8月1日号増刊『ゼロから始めるテレワーク最強攻略ガイド』より

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。