マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

間近に迫る「18歳成人」の相続への影響 控除額が減るケースもあるか

2020年12月13日 7:00 マネーポストWEB

 その他、適用が2年早くなる可能性がある生前贈与の特例には、1000万円までの結婚・出産・子育て資金が非課税になる「結婚・子育て資金の贈与」や、1500万円までの住宅購入資金が非課税になる「住宅取得等資金の贈与」などがある。これらの特例は時限的な措置だが、期限が延長されれば成人年齢引き下げによる影響が出る可能性がある。

 一方、相続税の控除額が減る懸念がある。前出・曽根氏が解説する。

「未成年者の相続税控除にも影響が出ます。現行では、相続人が20歳になるまでの年数1年につき10万円が控除されます。ですが、成人年齢が18歳になると場合によっては、控除が減ることになります。仮に16歳で被相続人になった場合、現行では40万円の控除額が20万円に減るということです」

 現行では「20歳-相続した時の年齢×10万円」が控除されるが、その枠が1~2年間分狭くなる。いつ相続が発生するかで、こうした違いが生じることも知っておきたい。

※週刊ポスト2021年1月1日号増刊『週刊ポストGOLD もめない相続』より

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。