マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

国民への給付金は拒むが、株高の演出には熱心な日本政府の姿勢

2021年2月5日 7:00 週刊ポスト

政府マネーは“株価対策”に回るばかり…(写真は日銀・黒田東彦総裁、時事通信フォト)
政府マネーは“株価対策”に回るばかり…(写真は日銀・黒田東彦総裁、時事通信フォト)

 コロナ禍は国民の生活を直撃している。経済ジャーナリストの荻原博子氏は、今こそ「不安を和らげる政策」が最も重要だと指摘する。

「コロナ禍でリストラされているのは主婦のパートや高齢者の臨時雇用が多い。子供の教育費がかかるとパート勤めをしたり、年金では足りないからとアルバイトをしてなんとか生活を維持していた層が、職を失って家計危機に直面している。

 そういう人たちは一度失業すると再就職が難しい。だから一層不安が募る。不安を和らげるには、国民への直接給付しかありません」

 菅義偉・首相はコロナ対策で約19兆円の第3次補正予算を組んだが、国会で昨年の緊急事態宣言の際に実施した国民への10万円給付を行なうかを問われると、「考えていない」と否定、重ねて生活困窮者に限定した給付を質問されても「考えていない」と完全否定した。

 麻生太郎財務相も、「(給付金で)当然、貯金は減ると思ったらとんでもない。その分だけ貯金は増えた」「お金に困っている方の数は少ない」などと述べて否定を重ねている。

 コロナ対策が後手に回って感染を拡大させ、2回目の緊急事態宣言で国民に外出自粛、営業規制、リストラの苦境を強いながら、代償は払わない。

「ドイツのメルケル首相は緊縮財政論者で知られ、“ケチ女”と批判されてきた。ところが、コロナ感染が広がると、国民に『政府に頼ってください』と呼びかけ、大借金をして史上最大の大盤振る舞いを始めた。これに国民は感動した。でも日本はまるで正反対です」(荻原氏)

国民には配らず株を買う

 国民生活が危機に瀕しているのに、国民への給付を嫌がって出し渋る。だから国民に信用されない。その一方で政府が熱心に取り組むのは、感染防止でも、国民生活の安定でもなく、「株高」の演出だ。

 コロナ不況下でも日経平均株価はバブル後最高値を更新し続けている。経済アナリストの森永卓郎氏は、「危険な状態」だと指摘する。

「本来あるべき株価よりはるかに高い水準で、完全なるバブルになっています」

 その株高を買い支えるのが日銀と国民の年金資金を預かるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)という政府マネーなのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。