マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「福居さん」「運がEさん」… 伝説の宝くじ売り場の縁起がいい販売員たち

2021年3月1日 7:00

“福娘”と呼ばれる4人の販売員の「縁起がいい名前」とは?(布施ポッポアベニューCC)
“福娘”と呼ばれる4人の販売員の「縁起がいい名前」とは?(布施ポッポアベニューCC)

 現在、宝くじ「バレンタインジャンボ」が発売中(3月5日まで)だが、宝くじファンのみならず誰もが気になるのが“当たりやすい”と言われている売り場だ。なかには、「縁起が良い」販売員がいる、知る人ぞ知る売り場も全国に存在しているという。

「宝くじファンから『宝くじ七福爺』と呼ばれる“秀じい”のおかげで、ジャンボの発売期間中は行列が途切れない人気売り場です。秀じいは、何人もの高額当せん者を出した“億売り”の実績者なんですよ」

 宝くじ研究家の山口旦訓さんはそう熱弁を振るう。

 JR浅草橋の東口駅前にある『浅草橋東口駅前売場』(東京・台東区)。3つあるボックスの左端を担当するのが“福男”の森秀夫さん(89才)だ。売り場担当者の話。

「秀じいは4月で90才になる現役最年長の販売員です。毎朝8時から夜7時まで、雨の日も風の日も売り場に座っています」

 売り場にはたくさんの鈴がぶら下がっている。実はこの鈴、これまで高額当せんした客からのお礼だそうだ。

「購入されたくじは、この鈴束にこすりつけて渡します。新たに当せんしたかたが、また鈴を持ってきてくれるので、どんどん運気が集まっていますよ」(売り場担当者)

 今年のバレンタインジャンボは3月5日まで発売中だ。1等2億円、前後賞を合わせると3億円が9本当たる「バレンタインジャンボ宝くじ」と、1等2000万円に前後賞を合わせて3000万円が25本当たる「バレンタインジャンボミニ」がある。

 新型コロナの影響も相まって、インターネットで宝くじを購入する人が年々増えているという。しかし山口さんは「宝くじは売り場で買うべき」と断言する。

「高額当せんにはツキが不可欠です。開運祈願など、売り場側の努力はツキに大きく影響します。また、高額当せんを出して勢いに乗っている売り場や、話題の多い売り場に幸運が舞い降りる傾向があります。販売員が持つツキも含め、可能な限りすべてのご利益にあやかるべきです」(山口さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。