マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

コロナ禍で国内外の機関投資家が買っている「日本株17銘柄」一覧

2021年6月9日 16:00

コロナ禍で有名個人投資家が買った主な銘柄一覧7
コロナ禍で有名個人投資家が買った主な銘柄一覧7

 需要回復を見込んだ例は他にもある。

「ニッセイアセットマネジメントは、2020年2月、複合エンタメ施設のラウンドワンを新規に買い、同年4月中旬に7.01%まで買い増した。当時は初の緊急事態宣言下で“密”になる産業は敬遠されていましたが、収束後をいち早く見据えたのでしょう」(同前)

 外資系ファンドは、現在は利用客が減少している公共交通機関の回復に期待しているようだ。

「世界最大のファンド・ブラックロックの日本法人は西武ホールディングスと京成電鉄を大量購入しました。特に京成電鉄は都心から羽田、成田への空港アクセスを担っており、コロナ収束後のインバウンド回復を見据えているのでしょう」(同前)

 一方で“密”を避けられる業界の銘柄の名前も挙がった。

「みずほ銀行系のアセットマネジメントOneは、キャンプ用品メーカーのスノーピークを買っている。コロナ禍でのキャンプ需要の高まりは新しい生活様式として定着し、収束後も需要が続くと見たと考えます」(同前)

“コロナ後バブル”を見据え、プロたちはすでに動きを活発化させている。

※週刊ポスト2021年6月18・25日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。