マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

リートファンド偏重ポートフォリオ 見直しのポイントは

2016年10月6日 7:00 マネーポスト(雑誌)

 投資信託市場ではリート(不動産投資信託)を投資対象とするファンドの人気が高まっている。純資産残高によるランキングをみると、ベストテンには海外リートに投資するファンドが6本も入っている。

 そうしたファンドは、分配金が毎月支払われる毎月分配型がほとんどで、個人投資家の分配金へのニーズが強いことが、販売好調での要因となっている。

 しかし、中には、高水準の分配金を維持するために、運用によって得られた収益から支払われる「普通分配金」に加えて、投資元本を原資とする「特別分配金」を支払っているファンドも散見される。分配金を維持するために支払うのであれば問題となってくる。

 楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子氏は、「もしリートファンドに偏重したポートフォリオを組んでいるなら見直しも検討すべき」と指摘する。その際の注意点を篠田氏が解説する。

ファンド見直しの注意点は?
ファンド見直しの注意点は?

 * * *
 ポートフォリオを見直す際に、留意すべき点は2点。為替リスクと投資対象だ。

 実は、「ワールド・リート・オープン」といったような名称が付いている場合でも、投資対象は米国のリートが大部分を占めているケースが多い。

 海外の他のリートのマーケットは市場規模も小さい。したがって、海外リートに資金が集中している人は、米ドルの為替リスクを取りすぎている人が多いのだ。円や他の外貨建て資産への配分を考えたい。

 当然、リートから株式や債券といった他の金融資産への移行も欠かせない。これには、国内のリートを投資対象とするファンドも含まれる。株式や債券同様、リートも海外市場の動きに国内市場が影響を受けるからだ。

 乗り換え先としてはリートファンドも含まれるが、『MHAM J-REITアクティブオープン毎月決算コース』と『パインブリッジ米国REITインカムファンドBコース(為替ヘッジなし)』などを検討するのも一考だ。

 前者が35円、後者が30円と、いずれも分配金の水準がリーズナブルであることに加え、運用内容から鑑みて、今後も安定的に分配金が支払われると予想される。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。