マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

約21人に1人が陥る「破産」 離婚・病気・事故などやむを得ない事情も多い

2021年11月21日 7:00 女性セブン

「破産」に陥る原因はギャンブルなどの浪費だけではない
「破産」に陥る原因はギャンブルなどの浪費だけではない

 借金が膨らんでどうしても返済がままならなくなったとき、裁判所で手続きを踏むことで、借金の返済を免除してもらう「自己破産」。自分とは縁がない制度だと思っている人もいるかもしれないが、はたしてそうだろうか。2020年の「最高裁判所統計」にある破産の新規受理数の全国総数は7万8104件(前年比97.4%と減少)。これをベースに「一生のうちに破産する確率」を算出すると、4.71%となる。

 これを見て「こんなに多いの!」と驚いた人も多いのではないだろうか。その割合は約21人に1人。かつてのクラスメートのうち2人が陥る計算だ。

 山梨県在住のパートタイマー・G子さん(48才)の場合は、3年前に離婚したのがきっかけで債務超過に陥った。

「養育費も徐々に届かなくなり、家賃や子供との生活費にクレジットカードで借り入れと返済を繰り返しているうちに多重債務に苦しみ、返済できなくなりました」(G子さん)

 破産というと“分不相応な生活で金遣いが荒い”というイメージをいまだに持っている人が多いが、「実際は離婚や病気、事故、災害など、切実でやむを得ない事情が原因のことが多い」と、法テラス東京法律事務所の弁護士・能美吉貴さんは言う。

「債務の内容として多いのはカードローン、ショッピング、家賃滞納など。債務整理の方法は主に、減額のうえ少しずつ返すか、裁判所の手続きを経てすべての免責を得る(破産)か、2つの方法があり、ギャンブルなどの浪費は免責が認められないこともあります」(能美さん・以下同)

 破産をすると「5年間程度カード利用ができず銀行借り入れができない」「官報に名前が載る」「警備員など一定の職業に一定期間つけなくなる」などのデメリットがあるが、借金の悩みを解消して人生を立て直すには有効な法的手段だ。

「対策としては、早めに相談することが何より重要です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。