マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「もう自己破産しか…」コロナ失業で奨学金返済できない20代女性の絶体絶命

2021年6月22日 7:00

奨学金返済が重くのしかかり生活が立ち行かなくなる若者も(写真はイメージ)
奨学金返済が重くのしかかり生活が立ち行かなくなる若者も(写真はイメージ)

「急に連絡したのはAさんに金銭面助けてもらえないかなと思って、、奨学金の返済滞納しちゃってて、親は自宅療養中で頼れないしで」

 これは、奨学金返済に苦しむ社会人2年目のOL、久美さん(仮名・23才)が知人男性・Aさんに送ったLINE。コロナ禍以降、失業や休業に追い込まれ生活に困窮する人は少なくないが、彼女の場合はコロナの影響に加え、奨学金返済という重い負担を背負っている。

 教育のローンである奨学金は、そのほとんどが利子も付けて返済しなければならない“借金”だ(一部には返済不要の給付型奨学金もある)。しかし、大学生にはその意識が薄く、社会人になって初めて負担の重さに気付く人も多い。久美さんもその一人だ。

「都内の私立大学に入学したのですが、学費も生活費も親に頼ることができなくて、入学時に50万円、毎月12万円の奨学金を借りました。月12万円は、私の奨学金の借り入れ可能額としては最大です。返済しなければいけないというのは分かっていたのですが、その時は “借金”という意識はあまりなくて……。卒業後の返済額は毎月約3万円ということだったので、これくらいなら返せるかなと思い、特に深く考えず借りてしまったんです。

 でも、大学卒業後に事務職として就職した会社の給料は、手取りで月13万円程度。返済分3万円と6万円の家賃、2万円程の光熱費などの固定費を払うと、ほとんど手元には残りません。もちろん趣味や好きなことにお金は使えず、ギリギリまで食費を切り詰めてなんとか生活している状況でした」(久美さん、以下同)

 さらに、コロナの影響などで失業に追い込まれ、久美さんの生活は一層困窮する。

「毎月の収入が無くなって、今はわずかな貯金を切り崩して生活し、日雇いの派遣に登録したり、バイトの面接をして仕事を探しています。奨学金の返済も厳しくなって、今は4か月分、合計12万円程滞納している状況です。学生時は意識していませんでしたが、奨学金の返済総額は600万円、返済期間は20年続きます。社会に出て初めて、多額の借金を抱えているということを、身に染みて感じてました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。