マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

1億円借金を乗り越えた林マヤ 地方移住で見出した新しい生き方

2020年9月23日 7:00

年間120種類ものレアベジタブルを育てる林マヤ
年間120種類ものレアベジタブルを育てる林マヤ

 長年住み慣れたわが家で最期まで暮らしたいという思いがある一方で、自然に囲まれた田舎で最期を迎えたいと移住を考える人もいる。「終の棲家」の選び方は人それぞれだ。では、理想の終の棲家を見つけた芸能人の場合、譲れなかったものとは何だったのだろうか。

 元パリコレモデルでタレントの林マヤ(62才)は、2008年に野菜文化研究家でカメラマンの夫・笛風呂タオスさん(62才)と茨城県守谷市へ移住。都内から車で40~50分の住宅地に暮らす。

「守谷に来てからも引っ越していて、いまの家は2年ほど前から住み始めました。賃貸ですが、4LDKの一戸建てで、庭にはハーブ園を造りました。家賃は月々約10万円。東京に住んでいたときとは比べものにならない安さです」(林・以下同)

 県内の4か所で手がける畑では、年間120種類もの野菜を無農薬で育てている。「うちの秋冬コレクションです」という野菜は、真っ白ななすや葡萄色のピーマンなど、「レアベジタブル」と呼ばれる希少なもの。味わいは爽やかで力強い。自身を「芸農人」と名乗るほど畑仕事もすっかり板についた林だが、移住を決めた背景には壮絶な借金体験があった。

「33才のとき、当時アパレル業界で働いていた夫を誘ってジャズシンガーの夢に挑戦したのですが、気づけば1億円の借金を抱えていました。家にあった猫用の缶詰も食べ尽くし、生きる気力を失って、夫とふたりで死ぬために富士の樹海へ行きましたが、死にきれなかった。神様に『まだ死んじゃいけない』と言われた気がしたんです。その後は、タレント活動の傍ら、アルバイトや内職をかけ持ちして死に物狂いで働きました」

 食べ物がのどを通らなくなり、拒食症になったこともある。憔悴した妻のため、夫は茨城の農家で野菜作りを学んだ。色とりどりのレアベジタブルは、林を心身ともに元気づけた。

「50才のとき、やっと借金がゼロになりました。だけど、東京には誘惑が多すぎる。夫婦で野菜を作りながら、大地に足をつけて暮らしていきたいと選んだのが守谷だったんです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。