マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

中村メイコの終活 大豪邸を手放すきっかけとなった夫の言葉

2020年9月17日 7:00

都内にある大豪邸から引っ越し、いまは夫婦で3LDKのマンションに住む中村メイコ
都内にある大豪邸から引っ越し、いまは夫婦で3LDKのマンションに住む中村メイコ

 最期の瞬間まで自分らしく生きていくためには、楽しく、安心して暮らせる「家」が必要不可欠。それは、長年住み慣れたわが家だとは限らない。自然に囲まれた田舎へ移住したり、戸建てからマンションにサイズダウンしたり、人それぞれの事情とともに「終の棲家」は変化する。理想の終の棲家を見つけた芸能人が譲れなかったものとは何か──。

「終の棲家って、あまり好きな言葉じゃないんです。人生のラストシーンはシンプルな病室で迎えたいですね」

 そう語るのは、女優の中村メイコ(86才)。2才のときに子役で映画デビューして以来、映画やテレビ、舞台で活躍する彼女は、23才で作曲家の神津善行さん(88才)と結婚。それから何軒かの借家暮らしをしたのち、都内の高級住宅地にマイホームを建築した。敷地300坪、地下1階、地上2階建てという大豪邸だった。

「体育館並みに大きな家でした。お手伝いさんがいないときにピンポンが鳴ったら、階段を上り下りして重い玄関の扉を開けて、そこからガレージを通り抜けて荷物を取りに行く。それがすごく大変でした」(中村)

 長女で作家の神津カンナ(61才)、次女で女優の神津はづき(58才)、長男で画家の善之介(48才)が独立してからも豪邸暮らしを続けたが、80才になっていよいよ人生が終盤に差しかかったとき、夫にこう告げられた。

「きみはなんでもたくさん持っている。それをそろそろやめないか? もしきみが先に死んじゃったら、ぼくはきみの山のようなパンストに埋もれながら、それをどうするか考えなきゃならない。そんなじいさん、嫌だろう? ついては生活を縮小しよう」

 この言葉をきっかけに「終活」を始めた夫婦は住み慣れた大豪邸を手放し、娘たちの家に近い3LDKのマンションに引っ越した。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。