マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

「今では完全にアウトやろうな」リーゼント刑事が明かす取調室事件簿

2021年11月29日 16:00 週刊ポスト

事件は取調室でも起きている?(イラスト/友利琢也)
事件は取調室でも起きている?(イラスト/友利琢也)

 徳島県警を退職後は犯罪コメンテーターとして活躍する「リーゼント刑事」こと秋山博康氏の連載「刑事バカ一代」。秋山氏が“今では考えられない取り調べの方法”について綴る。

 * * *
 おはようさん、リーゼント刑事こと秋山博康です。

 近年の警察はITやAIを用いたハイテク捜査が盛んだが、ワシが現役の頃はアナログな取り調べがいちばん好きやった。狭い取調室で被疑者と向かい合い“ウタわせる”(警察用語で自白させる)ことが刑事の醍醐味でもある。

 徳島県警捜査一課の強行犯主任時代、スナックで酒を飲んでいた男が酔客に絡まれ相手を刺し殺す事件があった。「自慢のパンチパーマ」をしつこく触られ激昂したという。この男は逮捕後も強硬な態度を崩さなかったが、取調室でワシを見て「刑事さんのリーゼントはキレイやね」と言いよった。ワシも「あんたのパンチもよう似おうとるわ」と返し、“リーゼント&パンチ談義”で盛り上がったんや。おかげで男は心を開き「人の命は何より尊い」というワシの言葉を聞き入れ、全面自供となった。

 捜査一課の係長の時は、路上強盗をした20歳そこそこの被疑者がおった。ものすごく寡黙な男で、取り調べ中はワシの顔を見ようともしない。ひとつも供述調書を取れないうちに勾留期限が迫り、胃がキリキリと痛くなった。

 そんな時、たまたま当時流行していた「Mr.マリック」の手品番組を見たんや。「これや!」と閃いたワシは、手品が趣味の先輩警官に連絡し、徹夜で教えてもらった。明くる日、取調室に入って、マッチ棒を空中で動かす覚えたての手品を披露したら、頑なに口を開かんかった男がこっちをチラッと見て「秋山さん、うまいっすね」とつぶやいた。ワシは平静を装いながらも内心で「お前の声、初めて聞いたわ」と突っ込んだ。

 取り調べの最後に「ワシには全部お見通しやから、ここに何か書け」と男に白紙を渡して外に出た。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。