マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

伝説のリーゼント刑事 右翼やヤクザに間違われた現役時代の思い出

2021年10月22日 16:00 週刊ポスト

刑事なのに犯人と間違われたことも…(イラスト/友利琢也)
刑事なのに犯人と間違われたことも…(イラスト/友利琢也)

 徳島県警を退職後は犯罪コメンテーターとして活躍する「リーゼント刑事」こと秋山博康氏の連載「刑事バカ一代」。秋山氏がリーゼントへのこだわりや、現役刑事だったときのリーゼントにまつわる思い出について綴った。

 * * *
 おはようさん! リーゼント刑事こと秋山博康です。

 ワシは今年3月、42年間勤めた徳島県警を定年退職し、上京した元警察官です。現在は市民の防犯意識を高めるため、「犯罪コメンテーター」としてテレビ出演や講演活動を続けとります。

 警察では主に刑事畑を歩み、ヤクザや暴走族を向こうに殺人や強盗、誘拐など凶悪事件の解決に奔走しました。20年前に徳島市内で起きた「父子連続殺人・放火事件」では専従捜査班を率い、「おい、小池!」のポスターを作るなど、世に知られる事件も担当しました。

 まあ、生々しい事件の話は追々していくことになるやろうと思いますが、私の顔がぼちぼち知られるようになったのは、捜査一課時代にテレビの警察特番で「伝説のリーゼント刑事」として登場したことがきっかけです。

 トレードマークのリーゼントはテレビの演出だと思われたかもしれんが、ワシにとってこの髪型はポリシーであり、生き様そのもの。だから「公務員らしくない」と上司から目をつけられても、新米警官時代からこのヘアスタイルを貫いてきたんですわ。

 しかし振り返れば、リーゼントに剃り込みのコワモテがアダになり“捕まる側”と間違えられることも多かった。悪人を取り締まるのがワシの任務なのに……。

 長崎の佐世保で原子力空母反対デモの応援警備をした時は、全国から右翼車両が集結。機動隊員だったワシが佐世保行きフェリーで小便していると、たまたま隣り合った右翼の構成員が、「どちらの右翼部隊ですか?」と真剣に聞いてきたから、「ワシは警察じゃ、アホ!」と怒鳴ってやりました(笑)。

 事件の聞き込みで民家を回ると、ワシの顔を見た小学生の子供が“ウェーン”と泣き出し、署に容疑者を連行した時は、ワシを凶悪犯と勘違いしたブンヤ(新聞記者)に写真をバシャバシャ撮られる始末。防犯のため街で不良少年に声がけしていたら「ヤクザが若者に因縁をつけている」と住民に通報されたこともあったのう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。