ビジネス

オレオレ詐欺に騙されたフリ作戦 5回逮捕に繋げた89歳も

シニアの名演技が成果を上げている(写真:アフロ)

「オレオレ詐欺」がこれほど注意喚起されるようになった今も、詐欺の手口はどんどん進化し、なくなる気配がない。だが、高齢者側も“騙されるかもしれない”という不安に脅えるばかりではなかった。自ら詐欺師を“とっちめる”人々がいた──。

「ユウヤだけども」

 東京に住む孫の名前を名乗る電話で、携帯電話の番号を変えたという話だった。福島県郡山市在住の無職・遠藤清さん(77)は、孫の本名を名乗ってきたことから、完全に信用した。

「明日10時にそっちに行くから」というので待っていたが、何時になっても来ない。心配になった遠藤さんが電話すると、ユウヤはこう言う。

「実は儲け話に乗って郡山の銀行から1000万円を借りて渡したんだけど、詐欺師だと気づいた。警察に逮捕してもらって600万円は戻った。けれどあと400万円を都合しないと俺が刑務所に入れられる。200万円が都合できたから、残り200万円を何とかしてもらえないか」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。