秋山博康 刑事バカ一代

伝説のリーゼント刑事 右翼やヤクザに間違われた現役時代の思い出

「リーゼント刑事」こと秋山博康氏

「リーゼント刑事」こと秋山博康氏

 ひどかったのは、徳島市内のラブホテルに強盗犯が侵入して、駆けつけた警官を刺して逃げた事件。

 刺された警官が「犯人は捜査一課の秋山刑事に似ていた」と証言し、「逃走中の犯人は秋山顔」と県下一円に無線で手配されたんや。結局、元暴力団員が逮捕されたけど、確かに髪型や服装がワシにそっくりで気持ち悪かったわ(苦笑)。

 今でこそ笑える話ばかりやが、ワシは「刑事は被害者の代理人」を信念に42年突っ走ってきました。この連載では刑事人生のなかで、人間のぶつかり合いが生んだドラマを伝えたいと思っとります。ほなっ、また!

【プロフィール】
秋山博康(あきやま・ひろやす)/1960年7月、徳島県生まれ。1979年、徳島県警察採用。交番勤務、機動隊を経て刑事畑を歩む。県警本部長賞、警視総監賞ほか受賞多数。退職後は犯罪コメンテーターとして活動。YouTube「リーゼント刑事・秋山博康チャンネル」が話題。

※週刊ポスト2021年10月29日号


【連載第1回~】リーゼント刑事こと秋山博康氏の連載「刑事バカ一代」の記事一覧

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。