マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

確定申告で住宅ローン控除 条件を満たせばリフォームでも適用対象に

2021年12月3日 16:00 週刊ポスト

確定申告で控除できる主な制度とその条件
確定申告で控除できる主な制度とその条件

 あと1か月で今年の「収入」と「控除」が確定し、年明けの2月中旬から確定申告の手続きが始まる。早めの準備を心がけたい。

 確定申告で取り戻せる代表格といえば医療費控除だが、このような「所得控除」とは別に税金の額からそのまま差し引かれる「税額控除」もあり、こちらは減税効果が非常に大きい。ここでは住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)について解説しよう。

 一定の条件を満たせば、年末のローン残高(最大4000万円)の1%が、最長10年間にわたり税額控除される(今年11月末までに契約した消費税10%の物件は13年間)。1年あたり最大40万円の還付が受けられるわけだが、年収800万円程度の会社員でも、扶養家族がいれば所得税額は40万円に満たないこともある。そうした場合は「所得税ゼロ」となり、使い切れない控除は住民税から差し引かれる(13.65万円が上限)。

 来年度の税制改正では、この控除率を年末のローン残高の0.7%程度に縮小する議論が進んでいるが、代わりに控除期間が長くなる可能性もあり、まだ活用の余地はある。税理士の山本宏氏が解説する。

「ローンを組んで自宅をリフォームした場合にも、工事費100万円超、返済期間10年以上などの条件を満たせば、住宅ローン控除の適用を受けられます。確定申告に際して、『住宅借入金等特別控除額の計算明細書』などの提出が必要で、会社員なら適用2年目以降は、年末調整で手続きできます。

 また、バリアフリー改修で工事費50万円超、返済期間5年以上などの条件を満たせば特定増改築等住宅借入金等特別控除(1年で最大12万5000円)が使えます」

※週刊ポスト2021年12月10日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。