トレンド

ケーブルテレビ利用者が語るメリット・デメリット ネット回線速度に差も

ケーブルテレビの場合、ネット接続はどうなる?

ケーブルテレビの場合、ネット接続はどうなる?

 インターネットの普及で存在感が薄くなっているとはいえ、まだまだ重要な情報源であり、娯楽であり続けるテレビ。電波状況の悪い地域などではケーブルテレビを利用することも多いだろうが、ユーザーの生の声を聞いてみると、さまざまなメリット・デメリットを感じているようだ。

 都内のアパートに暮らす20代の自営業・Aさんは、ケーブルテレビを介してテレビを視聴している。

「私が住んでいる地域はケーブルテレビを導入しているアパート・マンションが多く、私の住んでいるアパートも、建物全体でケーブルテレビのサービス提供を受けています。ケーブルテレビなら安定した状態で視聴できるので、その点については助かっています」(Aさん)

 しかし、ケーブルテレビならではのデメリットも感じているという。

「ネットもケーブル経由ということもあってか、アパートに電話回線が繋がっていないんです。だから固定電話を引きたくても工事が必要で、住人の判断だけではできない。まあ、固定電話については特に困っているわけではないのですが、最初は驚きました」(Aさん)

 ケーブルテレビに加入している集合住宅の場合、地上デジタル放送は無料で視聴可能で、BSデジタル放送やCS放送などは有料となるパターンがほとんどだ。神奈川県内の賃貸マンションに住む40代の会社員・Bさんはこう話す。

「うちのマンションはケーブルテレビでテレビを視聴します。無料で受信できるのは地上デジタルだけで、BSデジタルは専用のセットトップボックスが必要。で、セットトップボック1台ごとに料金が発生するんですよね。うちは各部屋に計3台のテレビがあるんですが、セットトップボックスがあるのはリビングの1台のみ。できれば各部屋でBSデジタルも見たいんですけど、お金がかかるので諦めています」(Bさん)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。