マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

バレンタインジャンボ宝くじ、1等3億円で「10年毎に出やすい数字」

2022年2月10日 16:00 マネーポストWEB

過去のバレンタインジャンボ宝くじ1等当せん番号に注目(イメージ)
過去のバレンタインジャンボ宝くじ1等当せん番号に注目(イメージ)

 今年最初のジャンボ宝くじがやって来た。1等と前後賞を合わせて最高3億円が当たる「バレンタインジャンボ宝くじ」と、同じく最高3000万円が当たる「バレンタインジャンボミニ」が発売中だ。価格はどちらも1枚300円で、全国の宝くじ売り場でも、宝くじ公式サイトでも購入できる(3月4日まで)。

 1年間に5回発売されるジャンボ宝くじの中で、“最も甘い確率”と言われている「バレンタインジャンボ宝くじ」だが、今年はさらに甘くなっているという。というのも、1000万枚あたりの当せん本数を比べると、100万円の当せん確率は昨年よりも20%アップ(5本→6本)、1万円は33%もアップ(3万本→4万本)しているのだ。

 とはいえ、宝くじファンの多くが目指しているのは、やはり1等だろう。そこで、これまでの抽せん結果を調べてみたところ、10年毎に出やすい数字があることがわかった。過去10年毎の1等の当せん番号を見ると、以下のようになっている。

1992年:11組153407 43組132979 52組172652
2002年:59組141209 22組104292
2012年:86組113909
(当時の名称は「バレンタインジャンボ宝くじ」ではなく「グリーンジャンボ宝くじ」)

 ここからわかるのは、下2桁が00~09の番号がよく出ているということ。30年前の1992年の1等は下2桁が「07」、20年前の2002年は「09」、そして10年前の2012年も「09」だった。

 宝くじ公式サイトでは番号を指定して買うことはできないが、宝くじ売り場で連番を買う場合、番号の下2桁の希望を伝えて購入することは可能。興味がある人は試してみてはいかがだろうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。