マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

小学校の卒業式で「袴」着用がトレンドに 金銭面での負担増に40代父の苦悩

2022年3月2日 19:00 マネーポストWEB

卒業式のトレンド変化が家計に影響する例も
卒業式のトレンド変化が家計に影響する例も

 寒さが徐々に和らぎを見せ始め、春が少しずつ近づいてきた。3月からは学校や職場などのさまざまな場面で、旅立ちに伴う別れや出会いのシーンが繰り広げられるはずだ。最近では小学校の卒業式に「袴」姿で参加する児童たちが増えているというが、家庭によっては金銭面の負担に頭を悩ませるケースもあるだろう。この春、愛娘が小学校卒業を迎えるという40代男性会社員に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
 数年前から、小学校の卒業式の服装のトレンドに変化が起きている。これまで大学など大人の卒業式で一般的な「袴」姿での参加が増えているらしいのだ。特に女子児童からの支持が高く、学校によっては卒業生の半数以上が袴で出席するというケースも増えてきているという。一方、着付けや着こなしが大変であることや、金銭的な負担が大きいなどの理由から、学校として袴の着用を禁止するところもあるようだ。

 妻と小学6年生の娘との3人暮らしという埼玉県在住の会社員ノブさん(仮名・46歳)は、卒業式で娘が着る袴について家族と意見が対立したという。

「仕事から帰ると、妻と娘がニコニコしながら袴のカタログを私に見せてきました。話によると、最近の卒業式では袴を着る子が増えているようです。娘も友人と袴を着る約束をしていると言っていました。華やかで素敵だとは思ったんですが、小学生には少し早い気がして賛同できなかったんです」(ノブさん、以下同)

 ノブさんの反対理由は、ずばり金銭面だ。妻と娘の話によると、袴のレンタル費用で2万円、着付けとヘアメイクで5000円はかかるとのことだった。中学への進学準備にもお金がかかるため、「正直厳しい」と、ノブさんは話していた。他にも、小学校によっては袴着用が禁止されていることを知ったのも大きかったそうだ。

「妻と娘に袴を着ることに賛同できない旨を伝えると、妻からは『パパのお給料が高かったらよかったのに』と嫌味を言われ、娘からは『周りの友達は袴を着るのに……ひどい』と、泣かれてしまいました。正直辛かったですが、我が家には我が家の事情があります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。