マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

秋山博康 刑事バカ一代

「時計の電池を換えて」「ゴキブリが出た」…元警察官が明かす“110番珍通報”

2022年3月13日 16:00 週刊ポスト

ずっこけそうになる110番通報もあるという(イラスト/友利琢也)
ずっこけそうになる110番通報もあるという(イラスト/友利琢也)

 徳島県警を退職後は犯罪コメンテーターとして活躍する「リーゼント刑事」こと秋山博康氏の連載「刑事バカ一代」。秋山氏が管理職時代に経験したトホホな110番通報などについて綴る。

 * * *
 おはようさん、リーゼント刑事こと秋山博康です。早いもので、昨年3月末に徳島県警を定年退職して1年になる。

 警察人生の大半を刑事として過ごしたワシだが、最後の8年間は現場を離れて管理職になった。いつまでも若い連中とバリバリ事件捜査をしたかったが、警察人事は順送りだからまあ仕方ない。

 管理職としては徳島県警察本部の通信指令課を皮切りに、鑑識課、地域課、生活環境課(サイバー犯罪対策室)で次長を務めた。もちろん、管理職になっても自慢のリーゼントはそのままや。

 地域課次長時代は全国で交番が襲撃される事件が続発し、ワシは徳島県内すべての交番や駐在所をせっせと回って得意の逮捕術を教えた。お巡りさんを暴漢に見立て、「オンドリャ~!」と刺股をふりかざして捕捉法を披露すると、刺股の使い方を知らない若い警察官が目を白黒させた。

 当時は200人を超える若手警察官の個人面談も行なった。若い子から「秋山次長」ではなく「リーゼント次長」と呼ばれ、記念撮影をせがまれることもあった。

 管理職で最初に拝命した通信指令課は、事件や事故の通報を受ける最前線だった。110番は市民と警察をつなぐ重要なホットラインのため、受け手は一言一句も聞き逃さないよう、常に全力で電話に応対する。

 だが、中にはおかしな通報も少なくなかった。「はい、110番です。事件ですか? 事故ですか?」「あの~、目覚まし時計の電池が切れたので、電池を換えてほしいんやけど……」

 なんやソレ!? ずっこけそうになるが立場上「アホか!」と怒鳴るわけにもいかん。「それは警察の仕事ではないので、ご家族に相談してください……」と丁重にお断わりするしかなかった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。