マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

2年連続で「借りて住みたい街」1位 本厚木が注目集める首都圏ならではの事情

2022年4月17日 13:00 マネーポストWEB

新宿から電車で約50分、他所にはない魅力とは?
新宿から電車で約50分、他所にはない魅力とは?

 4月からの新生活で、住まいを変えた人も多いことだろう。特にこの1〜2年は、コロナ禍で多くの企業がテレワークに移行したことに伴い、都心から郊外に移住する流れが活発になった。その中で住みたい街のランキングも大きく変動している。2022年「LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング(首都圏版)」の「借りて住みたい街」で2年連続1位となったのが、新宿から急行で約1時間かかる神奈川県の本厚木だった。

 これまで“絶対”だった通勤が実は不可欠ではないことに気づいた昨今。コロナで様変わりした日常の風景に焦点を当てた書籍『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109』(小学館)では、出社の利便性から都心一辺倒だった賃貸ユーザーが、低家賃、生活環境、生活利便性等の理由から、徐々に郊外への関心を強めている現状を取り上げている。

 実際、東京の人口は26年ぶりに減少へと転じ、コロナ禍の影響が指摘されている。前述の「借りて住みたい街」ランキングのトップ10を見ると、本厚木以外にも埼玉の大宮(2位)や西川口(5位)、蕨(8位)、千葉の柏(3位)や千葉(9位)がランクインしたほか、都内でも八王子(4位)や三鷹(7位)などの23区外が目立つ。

 2020年まで4年連続1位だった池袋を抑えて本厚木が2年連続で1位となった背景を、LIFULL HOME’S総合研究所の副所長でチーフアナリストの中山登志朗氏はこう語る。

「生活全般への不安が募り、郊外に拠点を移した方が良いと考える人が増えました。賃貸ユーザーは手軽に引っ越しができるメリットもあった」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。