マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

かつては豪華船旅の特別賞も 発売終了間近「ドリームジャンボ宝くじ」の歴史

2022年5月30日 7:00 マネーポストWEB

いつの時代も人々を魅了してきたジャンボ宝くじ(写真は2004年/時事通信フォト)
いつの時代も人々を魅了してきたジャンボ宝くじ(写真は2004年/時事通信フォト)

 今年度最初のジャンボ宝くじ「ドリームジャンボ宝くじ」の発売終了日が6月3日に迫っている。そこで今回は、「ドリームジャンボ宝くじ」をもっと楽しむための歴史や豆知識を紹介しよう。

■今年で“42才”

 1979(昭和54)年8月に「サマージャンボ宝くじ」、同年11月に「年末ジャンボ宝くじ」が登場。そして翌年の1980(昭和55)年5月に「ドリームジャンボ宝くじ」が発売され、いわゆる「三大ジャンボ」と言われるようになった。そして、1984(昭和59)年に「緑化宝くじ」(現在の「バレンタインジャンボ宝くじ」)、2001(平成13)年に「オータムジャンボ宝くじ」(現在の「ハロウィンジャンボ宝くじ」)が発売され、現在の「五大ジャンボ」が出揃った。

■300円くじの第1号

 日本の宝くじ史上、初めて1枚の価格が300円で販売されたのが1980年5月の「ドリームジャンボ宝くじ」だ。賞金は単価の10万倍までと法律で決められていたため、初めて1等が3000万円となった。その後の法改正により、賞金の上限は20万倍、100万倍と上がり、現在は250万倍(ロトなどでキャリーオーバーが発生している場合は500万倍)になっている。

■旅のドリーム・車のサマー

 ジャンボ宝くじには1等や2等などの等級の他に特別賞が設けられていたことがあり、「ドリームジャンボ宝くじ」は旅行、「サマージャンボ宝くじ」は乗用車が当たることで話題となっていた。豪華客船クイーンエリザベスII世号で世界各国への船旅が楽しめるデラックスツアーや、スポーティーカーつきといったものまであった。

 今年の「ドリームジャンボ宝くじ」の発売は6月3日までで、6月13日が抽せん日となっている。1等・前後賞合わせて5億円を手にするチャンスを掴むため、買おうと考えている人は早めに購入してほしい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。