マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

宝くじ誕生から75年の歴史 第1回はハズレ4枚で煙草10本と交換

2020年4月17日 7:00

一攫千金の夢を求める長い行列(写真は1968年当時。時事通信フォト)
一攫千金の夢を求める長い行列(写真は1968年当時。時事通信フォト)

 1等・前後賞合わせて1億円が当たる「宝くじ発売75周年記念くじ」(1枚200円)が、全国の宝くじ売り場で発売中だ。そこで今回は、誕生から75年が経った宝くじの歩みを簡単に振り返ってみよう。

 記念すべき第1回発売は、1945年10月29日のこと。「政府第1回宝籤」という名称で、1枚10円で発売。当時は日本政府が発売していた。1等は10万円で、ハズレくじ4枚とタバコ10本が交換できた。

 宝くじは、1954年までは日本政府が発売していたが、その後、いくつかの地域が一つになって発売するようになり、現在の「関中東くじ」や「西日本くじ」といったブロックくじの原型となっている。

 1975年に「30周年記念宝くじ」、1985年に「40周年記念シートくじ」が登場。同組同番号の3枚が横につながっていたため、長さ45センチもの細長い宝くじとして発売された。

 そして1995年には「50周年記念宝くじ」が発売されるとともに、マスコットキャラクター、クジラのクーちゃんが誕生した。2005年の「年末ジャンボ宝くじ」では、特別賞として「60周年記念賞」が設けられ、2015年に発売の「70周年記念くじ」を経て、今回の「75周年記念くじ」に至る。

 今回の「75周年記念くじ」の販売期間は4月28日までだが、発売総額は日本全国で40億円しかない。昨年の年末ジャンボ宝くじが1380億円だったことから、いかに少ないかがわかるだろう。追加で発行されることもないため、早目に買い求めるようにしたい。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。