マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

ユニクロ“1000円値上げ”にユーザーの本音「ユニクロに安さは求めていない」

2022年6月19日 15:00 マネーポストWEB

ユニクロに求められているものは何か?(Getty Images)
ユニクロに求められているものは何か?(Getty Images)

 ユニクロが、秋冬の一部商品について値上げすることを発表した。定番であるフリースの一部商品は1990円(税込、以下同)から2990円となり、一気に1000円の値上げだ。フリース以外でも、ウルトラライトダウンジャケットが5990円から6990円に、ヒートテックのウルトラウォームシリーズが1990円から2990円に、カシミヤのセーターが8990円から9990円にと、複数の商品がいずれも1000円の値上げとなる。

 原材料や物流費の高騰に加え、円安の影響もあり、値上げラッシュの波が様々な分野に及んでいる昨今だが、低価格なファストファッションとして人気のユニクロが1000円の値上げを敢行することに、ショックを受けている人は少なくないようだ。ネット上では、〈仕方ない〉と、値上げに理解を示す声があがる一方で、

〈もう庶民派ではない〉
〈1990円から2990円と“1.5倍”はやりすぎでは…〉

 などと、1000円という値上げ幅に困惑する声も少なくない。さらには、〈他で買うことになりそう〉と、ユニクロから“乗り換え”を検討する声も目立った。

ユニクロに「安さ」は求めていない

 低価格帯の姉妹ブランドであるGUが登場したこともあり、“ユニクロ=安い”というイメージが変わりつつあったなか、今回の値上げによって、さらにその傾向は加速していきそうだ。では、今後のユニクロに何が求められているのか。ユニクロユーザーの本音を聞いた。

 都内に住む30代の会社員・Aさんは、ユニクロのシンプルさが気に入っているという。

「ユニクロは安さを求めるよりも、シンプルでそれなりのクオリティーの商品が手に入る場所というイメージです。無地のベーシックなアイテムを買うのには重宝しますが、どうしても“長く着る”というほどの作りでないのも事実。シャツを買っても、すぐに部屋着に“降格”しがちなので、値上げをするなら、もう少し何年も使えるアイテムになってくれれば嬉しいんですけどね」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。