マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

捨てるのはもったいない!着なくなった衣類のお得な処分術

2016年12月30日 12:30

着なくなった衣類のオトクな処分術を指南

着なくなった衣類のオトクな処分術を指南

 年末の大掃除をしたりすると、意外にかさばってくるのが衣類の数々。年末年始のセールでせっかく新しい洋服を買っても、しまう場所に困ってしまったり、気づくとまったく着ていなかった服がタンスの肥やしになっていたり……なんてことは、どこの家庭でも頭を悩ますところだろう。

 ただ捨ててしまうのも、なんとなくもったいないし、どうにかうまく処分する方法はないものか。節約アドバイザーの丸山晴美さん(ファイナンシャルプランナー)に衣類の賢い処分方法を聞いた。

リサイクルショップやフリマアプリで売る

 まず手っ取り早いのが、リサイクルショップに持ち込むこと。しかし、グラムでいくらといった方法でまとめて買い取ってしまうお店もあるため、ブランドものやビンテージ品はその価値がわかるお店や専門店で売った方が良い値段がつく場合がある。そこで、あらかじめ選り分けておき、品物によって売る先を検討した方がよいだろう。

 お店に持ち込むのが面倒だったりする場合は、インターネットを活用する手段も有効だ。

「メルカリやフリル、ラクマといったフリマアプリは、スマートフォンで写真を撮影して所定事項を入力するだけで簡単に売りたいものが出品できます。希望金額を設定できるので、モノによってはリサイクルショップに持ち込みよりも高く買い取ってもらえる場合もあります」(丸山さん、以下同)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。