マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

有事に強い「金」はインフレ下で値上がりしやすい 円安も価格上昇要因に

2022年7月14日 19:00 週刊ポスト

史上最高値圏でさらなる上昇余地はあるのか?
史上最高値圏でさらなる上昇余地はあるのか?

 インフレ時に現金を“逃がす”先の候補は、株式や投資信託だけではない。プロが選ぶのは、「金(ゴールド)」だ。コモディティーインテリジェンス代表の近藤雅世氏が語る。

「株式や債券、通貨などは、国や企業の信用をベースに取引されている“ペーパー資産”なので、社会・経済情勢によっては、資産価値がゼロになるリスクがあります。

 一方、金は埋蔵量に限りがあるので、世界中で価値が認められている。世界情勢や経済動向が不安視される状況になると、安全資産である金に投資家の資金が流入して、値上がりするのです」

 それゆえに昔から“有事の金”と呼ばれるが、現在のような局面においても有効だという。

「モノの価値が上がり、通貨の価値が下がるインフレ下では、現物資産である金の価格は値上がりしやすい傾向にあります。通貨の価値が下がるのを嫌って、金を買う投資家が増えるからです」

 デフレの局面では現金の価値が上がっていくが、現在のようなインフレ局面では、価値が下がりにくい金に換えたほうがいいということだ。

 では、どのような投資方法が適しているのか。

「株式や債券が値下がりしている状況でも、金は値上がりすることがあります。ですから、ポートフォリオに金を加えると、分散投資によるリスクヘッジの効果を高めやすくなります。

 投資のプロたちが運用するファンドの実績を見ると、約15%の比率で金をポートフォリオに組み入れていたファンドのパフォーマンスが、もっとも良かったという結果が出た。したがって、個人投資家でも全資産の10~15%を金で所有することを推奨します」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。