マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

サマージャンボ宝くじで高額当せんを射止めた人の一風変わった「保管方法」

2022年8月3日 7:00 マネーポストWEB

高額当せんした人たちのユニークな保管方法とは?(イメージ。Getty Images)
高額当せんした人たちのユニークな保管方法とは?(イメージ。Getty Images)

 宝くじファンの人は、購入した宝くじを抽せん日までどこに保管しているだろうか。今回は、かつてちょっとユニークな保管方法により、「サマージャンボ宝くじ」の高額当せんを射止めた人のエピソードを紹介しよう。

 1997年、愛知県の会社員Yさん(当時32才)は、とにかく当たりたいという一心で、大きめの紙に“オリジナルの一億円札”を描き、それをタンスに貼ったそう。そのうえでタンスの中に購入した「サマージャンボ宝くじ」を入れ、毎日タンスに向かって「当たりますように」と手を合わせたとか。この一風変わった当せん祈願が功を奏したのか、当時の1等6000万円を獲得している。

 栃木県の会社員Tさん(当時31才)の保管場所は冷蔵庫の中。というのも、1998年にTさんが「サマージャンボ宝くじ」を購入した直後に、自宅のエアコンが故障。家族で暑さに苦しんでいる中、くじ券も暑くてかわいそうだと思ったTさんは、冷蔵庫に入れてあげたそうだ。その優しさが通じたのかどうかはわからないが、見事1000万円に当せんしたという。

 1等・前後賞合わせて7億円の「サマージャンボ宝くじ」は、8月5日が販売最終日。今年も独自の保管場所を発見して、幸運を手にする人がいるかもしれない!?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。