マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

サマージャンボ宝くじ「1等当せん番号」の歴史 “偶数より奇数”の傾向が顕著に

2022年7月16日 7:00 マネーポストWEB

サマージャンボ宝くじ「1等当せん番号」の傾向を分析(イメージ。Getty Images)
サマージャンボ宝くじ「1等当せん番号」の傾向を分析(イメージ。Getty Images)

 1等と前後賞合わせて最高7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」と、1等3000万円の「サマージャンボミニ」が、どちらも1枚300円で、8月5日まで発売中だ。

 さて、「サマージャンボ宝くじ」が誕生したのは今から43年前の1979年(昭和54年)で、当時の1等は2000万円だった。その後、当せん金の額は段階的にアップされ、1999年(平成11年)には1等2億円が実現しました。

 あらためて、1999年以降に抽せんされた「サマージャンボ宝くじ」の1等の当せん番号を調べたところ、出やすい数字の傾向も見えてきた。

【1等当せん金が1億円以上になった1999年以降のサマージャンボの1等当せん番号】
1999年:1等2億円 75組155842
1999年:1等2億円 16組151488
2000年:1等2億円 50組156484
2000年:1等2億円 62組180768
2001年:1等2億円 94組141229
2002年:1等2億円 56組176878
2003年:1等2億円 17組158872
2004年:1等2億円 84組195065
2005年:1等2億円 56組174100
2006年:1等2億円 24組118265
2007年:1等2億円 91組122762
2008年:1等2億円 47組139741
2009年:1等2億円 75組106889
2010年:1等2億円 51組132584
2011年:1等2億円 98組134371
2012年:1等4億円 41組105615
2013年:1等3億円 69組116206
2014年:1等4億円 09組180594
2015年:1等5億円 01組135024
2016年:1等5億円 16組127694
2017年:1等5億円 75組159149
2018年:1等5億円 87組149150
2019年:1等5億円 11組124617
2020年:1等5億円 98組168228
2021年:1等5億円 73組119326

 これらのデータを分析すると、組十位で最も多く出ている数字は「1・5・7・9」の4種類、組一位は「1」、万位は「5」となった。つまり過去のデータ上は、これらを組み合わせた11組・51組・71組・91組の15万台が、「サマージャンボ宝くじ」の1等と相性が良いということになる。また、組十位・組一位・万位のすべてで、偶数よりも奇数の方が平均して1.5倍も多く出ているという点も、興味深いところだ。

 ちなみに、宝くじ売り場によっては番号を選んで購入できるケースもある。もし連番で買う場合は、組番号や万位が奇数のものを選ぶ人も出てくるかもしれない。はたして1等7億円の当せん番号はどうなるか──。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。