マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

同僚に500円で譲った「超合金」が実は高価なものだった…500円で買い戻せるのか、弁護士が解説

2022年11月9日 15:00 週刊ポスト

500円で譲った「超合金」を買い戻せるのか(イメージ)
500円で譲った「超合金」を買い戻せるのか(イメージ)

 商取引の一部ではクーリング・オフといった契約を撤回できる制度もある。では、知人や友人との間で売買した場合、その取引をなかったものにできるのだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 引っ越しの際、同僚が手伝ってくれて古い超合金を発見。もう必要ないかと捨てようとしたら、同僚が500円で譲ってと懇願。その金額で譲渡したところ、後日、超合金が10万円以上で売買されている例を知りました。たぶん、同僚は価値を知っていたと思います。この場合、再び500円で買い戻せますか。

【回答】
 売買が契約当事者の自由意思に基づくものなら、実際の価値が値段より高くても尊重されるべきであり、買い戻しの権利はありません。

 それでも契約締結の基礎とすることが、示されていた事情に誤解(錯誤)があった場合、その錯誤が契約の目的や取引上の社会通念に照らして重要なときは、契約を取り消せる制度があります。ただし、売買では目的物の価値は売買契約の基礎となるのが普通であるものの、代金額は当事者が自由なリスク判断で決めることなので、代金額と実際の価値との違いは、契約取消を導くような重要な錯誤になるとは考えられないのです。

 とはいえ、売買は物と代価を等価として取引されるものです。そこで等価性が著しく損なわれたときには、重要な錯誤になりえます。

 以前にも、6000万円の預託金が戻されるゴルフ会員権を430万円で売却した事例に、重要な錯誤を認めた裁判例がありました。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。