マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年収5000万円夫と「格差結婚」した月収20万妻の悲哀

2019年6月3日 16:00

高収入夫と結婚、しかし……(写真はイメージ)

高収入夫と結婚、しかし……(写真はイメージ)

 富裕層が数多く暮らす東京・港区の麻布界隈。そこでは多くの“麻布妻”と呼ばれる人たちが暮らしているが、中には「稼ぐ夫」からモラハラを受けているケースがあるという。自身も麻布妻でライターの高木希美氏がリポートする。

 * * *
 10歳差、20歳差など「年の差婚」は珍しくなくなりました。麻布妻の小雪さん(仮名、26歳)もその一人です。

「主人は10歳上でコンサルタントをしています。年収は、前に聞いた時は『5000万円くらい』って言ってました」(小雪さん、以下同)

 そんな超高収入男性と「年の差婚」をした彼女。当初は優しかったというご主人が、最近「モラハラ夫」になったというのです。以前にも、夫からモラハラを受けるようになった妻の事例をリポートしましたが、高収入の夫を持つ麻布妻の間では、たびたびモラハラの話を聞きます。

 小雪さんは結婚3年目で、昨年長男が生まれました。住まいは麻布の高層マンション。

「よく『いいね、旦那さんお金持ちで!』とか『お金目当てでしょ?』って言われます。もちろん経済力は魅力の1つですが、それをなし得る姿勢とかに尊敬の念があっての話で。お金だけが目当てなら、正直言って主人よりもっとすごい人いっぱい見てきていますし」

 彼女は大学卒業後、丸の内で派遣OLをしていました。夜は銀座でホステスをかけもちしていて、お店で出会ったそうです。美人ですがホステスっぽい雰囲気は消え、今はユニクロの上下に深く帽子を被った、地味な装いです。

「主人は車が好きで、車検のたびに新しく買い替えるんです。今回はBMWです。けど私は自由に使えるお金がほぼないんです」

 交際時や結婚当初は、とても優しいご主人だったそうです。

「交際した時『こんなにかわいくて、こんなに好きになった子はいない』というのが口癖で、大切にしてくれているなって実感がありました。だから結婚生活も絶対うまくいくなって思っていました」

 毎週末、評判のレストランでの外食を計画してくれたり、月に一度は温泉旅行に連れて行ってくれたり──という生活で、「『贅沢しすぎだよ』って私が突っ込んでいるくらいでした」と言います。当時、家での食事デートの時は“お皿くらい洗わせてよ、料理させちゃったんだからさ”と献身的だった彼ですが、結婚後しばらくして、徐々に変わっていったそうです。きっかけの一つは、生活費と、毎日の食事でした。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。