マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ふるさと納税 牛肉ならステーキ肉よりこま切れが便利で得

2016年11月21日 11:00

グルメジャーナリスト・松浦さんが推す、大阪府泉佐野市の「国産牛小間切り落とし超ドカ盛1.5kg」

グルメジャーナリスト・松浦さんが推す、大阪府泉佐野市の「国産牛小間切り落とし超ドカ盛1.5kg」

 実質2000円の負担で、とろける牛肉や甘みのあるお米など豪華特産品が届き、税金も安くなる。そんなお得なふるさと納税の中でも、さらに“おいしい”選び方をリサーチ。

 昨年からふるさと納税を始めた本誌記者。某ブランド牛のぶ厚いステーキ肉を申し込んだけど、家で焼いたら硬くなっちゃっておいしくない(涙)。

 この制度が始まってすでに8年目。毎年きっちりおいしい思いをしている達人に聞いてみたら――。牛肉なら、ステーキ肉よりこま切れのほうが使い勝手がよくてお得だということが判明。ブランド牛というだけで飛びつくと失敗しがちなんだとか。

 牛肉はステーキや厚切りを選びがちだが、こま切れや切り落としのほうが満足感が高い。

 グルメに精通するジャーナリスト・松浦達也さんが推すのが、大阪府泉佐野市の「国産牛小間切り落とし超ドカ盛1.5kg」(1万円~/500g×3パック。月300パック限定)。1枚あたりが大きめにカットされた国産牛の切り落としは、多用途に使えて本当に便利。

「泉佐野市の牛こま切れ肉は、産地は選べませんが、かなりお得」(グルメに精通するジャーナリスト・松浦さん)

 また、この時期は、おせちなどお正月用品も狙い目だ。
furupre320×50B

株/暮らしのマネー注目記事

【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。