マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

藤井英敏氏 短期勝負でハイリターンが狙える中小型株3選

2016年12月15日 7:00

 続いては、ネット広告で今後の高成長が見込めるVOYAGE GROUP(東証1部・3688)だ。監査法人・トーマツが認定する高成長企業として表彰されたほか、ネット動画広告の有力企業を連結子会社化したのも注目ポイントといえる。

 業績は前期(2016年9月期)に続き、今期(2017年9月期)も増収ながら減益見通しのため、株価もジリジリと下がっているが、今後の高成長を見越すと、絶好の仕込み時といえるかもしれない。時価総額も100億円強と小さく、この先、鍋底型の底入れを経て、半年で3倍となる3000円台になってもおかしくない。

 構造計画研究所(ジャスダック・4748)は、「工場のIoT化」のコア銘柄として注目したい。同社が出資する製造分野の事前解析などを行なう東大発のベンチャー企業が、産業用ロボットで世界トップのファナックが提携するゲームやCG用半導体の米大手企業との関係が深く、これが材料となる。

 少々複雑な関係に映るが、要はファナックが推進する「工場のIoT化」関連として目を向けておきたい。今期(2017年6月期)も増収増益予想で、株価も半年で2倍以上は期待したい。

※マネーポスト2017年新春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。