マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

藤井英敏氏 短期勝負でハイリターンが狙える中小型株3選

2016年12月15日 7:00

AIの発展に伴い相場の主役になり得る

 まずは、「AI」と「フィンテック」というど真ん中のテーマ性を兼ね備えたメタップス(マザーズ・6172)である。

 データ分析を軸に、アプリ開発者向けの収益化支援事業と、EC事業者向けのネット決済サービスなどを手がける同社は、中期経営方針で「2017年はフィンテックとAIに集中投資」と表明。

 ただ、足元の業績は芳しくなく、前期(2016年8月期)は売上高が88億円と2倍以上の大幅な増収となったが、営業損益は3億円の赤字。赤字続きで、決算書類には企業存続が危ぶまれる「継続企業の前提に関する重要事象等」が記載されている。

 しかし、これは今後の事業拡大に向けた先行投資を積極的に行なった結果であり、今期(2017年8月期)は売上高がさらに倍増の180億円、営業利益は約10億円改善し、7億円の黒字転換を果たす見通しだという。

 また、中期経営方針では「2020年に売上高1000億円、営業利益100億円」と3年間で5倍以上の増収、14倍超の営業増益という目標を掲げ、今後の大幅な成長も期待できる。

 株価は、黒字転換予想もあって人気化し、直近2か月ほどで3倍になったが、AIの発展に伴う相場の主役になり得る可能性も秘めており、半年で4倍となる1万円台は狙えるだろうし、将来的にはさらなる上値も追える大化け候補と見ている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。