マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

トランプ氏の「米国ファースト」は結果的に日本ファースト

2016年12月21日 7:00

トランポノミクスの日本株への影響は(トランプ氏Facebookより)
トランポノミクスの日本株への影響は(トランプ氏Facebookより)

 2016年の年の瀬、日米の株式市場は「トランプ相場」に沸いた。米国の株価は史上最高値を連続して更新し、年央に停滞した日経平均株価も年初来最高値を超え続けた。

 2017年1月20日の米国大統領就任式をきっかけに世界経済は新たな段階に入り、株価の上昇気流はさらに加速すると見られている。「米国ファースト」を掲げるトランプ新政権の政策がスタートするからだ。主な柱は、以下の通り。

◆10年間で6兆ドル(約700兆円)の大型減税(法人税率35%→15%など)
◆5500億ドル(約65兆円)の公共事業
◆大幅な規制緩和

 国際金融論が専門の埼玉学園大学経済経営学部教授・相沢幸悦氏が解説する。

「公共事業といえば日本ではバラマキのイメージがあるが、米国は実際問題として老朽化した橋が落ち、道路はあちこちで陥没するなどインフラがボロボロで経済活動の障害になっている。それらを再建するインフラ投資は経済効果が高い上に、法人税を大胆に引き下げれば世界から企業が米国に集まる。雇用は大幅に拡大し、米国の産業は劇的に蘇る可能性が高い」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。