マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トランプ氏の「米国ファースト」は結果的に日本ファースト

2016年12月21日 7:00

 棚ぼた効果は一過性のものではない。今後、トランポノミクスが本格化するにつれて日本へのメリットは一層大きくなっていく。世界経済の分析に定評がある投資ストラテジストの武者陵司氏が語る。

「トランプ政策の基本は“強い経済、強いドル”です。ドル高は米国と競合する商品を持っている国、とくに自動車対米輸出国や多くのドル債権を保有している国に恩恵をもたらす。どちらにもあてはまる日本が最大の受益国になるでしょう。

 日本が海外に持つ対外純資産は世界最大の2.8兆ドルに達し、為替が10%ドル高になるだけで円ベースで約25兆円の差益が生まれる。具体的には海外証券投資の元本増加や日本企業の海外子会社から本社への利益還元が大きく増える」

 加えて米国の法人税減税の恩恵も大きい。元シティバンク為替トレーダーの西原宏一氏が言う。

「間違いなく米国企業の収益を改善させる。日本企業の米国現地法人も減税分が利益になるから、日本本社は何もしなくても連結決算で業績が押し上げられる。いまや日本の有力企業の大半が米国に進出している。そうした企業は企業努力なしでドル高(円安)と減税のダブルで利益が増える」

「米国ファースト」を掲げるトランポノミクスの本質は、実は結果的に「日本ファースト」なのである。

※週刊ポスト2017年1月1・6日号

意外と守備力が高い「FXシストレ」 6か月で50万円以上の利益
FXと聞くと、ハイリスク・ハイリターンというイメージが一般的だが、FXシストレを利用することで、リスクを抑えた取引をすることも可能。2017年の相場でもミドルリスク・ミドルリターンで、実績を残したシストレを紹介する。 <続きを読む>
投資歴8年男性 毎年平均60%の利益実現するFX運用術
「マネーポストWEB」内から、FXに関する記事を厳選。FX成功者の運用の極意を紹介する。 <続きを読む>
  • 取引全自動のFXシストレ 何もせず1か月で「5万円が13万円」になった経緯
  • FXなのにリスク抑えめ 半年で利益50万以上/最大損約6万円の「シストレ」 
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。