マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

ヘッジファンドの人民元売り崩し、失敗に終わる?【1】

2017年1月13日 15:00 マネーポストWEB

 これ以降、資金流出が加速した。外貨準備高の推移をみると、2015年7月末は3兆6513億ドルであった。それが、2016年12月末には3兆105億ドルまで減少している。ちなみに直近では6か月連続の減少である。

“規模が小さく、規制の少ないオフショア市場ならば、人民元売りを仕掛けることができる。日中取引であれば、本土市場にもその影響は及ぶはずだ。本土の資金流出は深刻で、しかも当局は為替取引システムを変動相場制に近づけている。本土市場を大きく元安に持ち込むことができるかもしれない……”。これが欧米系ヘッジファンドの思惑であろう。

(【2】に続く)

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサル ティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。ブログ「中国株なら俺に聞け!!」、メルマガ「週刊中国株投資戦略レポート」も展開中。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。