マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定年後も自力で稼ぐための研究・実験、サラリーマンには可能

2017年2月28日 7:00

低成長時代を生き抜く方法を大前研一氏が語る

低成長時代を生き抜く方法を大前研一氏が語る

 いま、日本経済の「低成長」をめぐって新聞や雑誌、インターネット上でもさかんに議論が交わされている。経営コンサルタントの大前研一氏が、日本の「低成長」とどのようにして付き合ってゆくのがよいのか、解説する。

 * * *
 以前、現在、日本経済の低成長を容認するか否かの論争が盛んになっていることを取り上げ、労働力人口が増える見込みがない以上、もはや日本は成長しえないという現実を受け入れて国家は「無駄な抵抗」をやめ、予算を可能な限り削減していかねばならない、と述べた。

 では、そういう低成長時代を前提に、国民一人一人はどうすべきなのか?

 バブル崩壊後の「失われた20年」を経ても給料は上がらず、税金や社会保険料の負担は増える一方だ。年金財政の破綻懸念も強まるばかりで、多くのサラリーマンが将来に不安を感じているだろう。

 ただし、国の経済が低成長やマイナス成長であっても、個人が一蓮托生で沈んでいく必要はない。逆に、そういう時代だからこそ、自分は大いに成長するチャンスがある、と考えるべきだと思う。

 バブル崩壊前までの日本は経済がおおむね右肩上がりで成長してきたため、誰しも昇進昇給があり、終身雇用を終えて定年退職したら、すぐ年金生活に入ることができた。しかし、今は昇進昇給が難しい上に終身雇用は危うくなり、定年退職してから年金が支給されるまでの間に貯蓄を食いつぶす人も少なくない。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。