マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

格安スマホの料金プランはどれだけ安い? 2台目でお試しの選択肢も

2017年4月25日 16:00

まずは2台目として持ってみるのもひとつの手

まずは2台目として持ってみるのもひとつの手

 今年2月に発表された総務省の家計調査によれば、2016年の1世帯あたりの携帯電話の通信料は2015年の9万1306円から5000円ほどアップし、平均9万6306円と過去最高を記録した。通信料は年々右肩上がりで支出の割合を増し続けており、2015年には、総務省による通信料値下げ改革が始まったが、その効果はまだ現われていないようだ。

 一方で、大手キャリアから通信設備を借り、独自の通信サービスのみを提供する“格安スマホ”ことMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスの契約数は、昨年末時点で1485万件(前年同期比+27.7%)と増加している。では“格安スマホ”は、どれほど安いのか。大手キャリアのプランと比較してみよう。

データ通信料だけなら格安スマホがお得

 大手キャリアプランでは、最小のデータ定額1GBではauとソフトバンクが2900円、ドコモは1GBプランがなく2GBプランで3500円(価格はすべて税抜き)。一見ドコモが割高に見えるが、auとソフトバンクには端末購入に伴う割引サポートがつかないという注意点がある。ヘビーユーザー向けの30GBでは、各社8000円だ。

 対して、格安スマホ。キャリア同様に大容量プランと通話定額プランのあるOCNモバイルと楽天モバイルで比較してみよう。OCNは月コース最小の3GB(データ通信専用SIM、SMSなし。以下同)で1100円、楽天モバイルは3.1 GBで900円だ。30GBだとそれぞれ6050円、5450円となる。

 ヘビーユーザーはもちろん、ライトユーザー層にはよりお得感が増す結果となった。次に、先に示した通信料に音声通話プランを加えた場合どうなるのか。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。