マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

格安スマホの料金プランはどれだけ安い? 2台目でお試しの選択肢も

2017年4月25日 16:00

音声通話も含めてのプランを比較

 キャリアは5分以内のかけ放題(1700円)にネット接続料(300円)とデータ定額料金(オプションや割引は含まず)を合計。最小はドコモが5500円、auとソフトバンクが4900円だ。30 GBでは各社1万円。 

 一方、OCNモバイルは通話SIMの1800円(3GB)と6750円(30GB)それぞれに10分かけ放題850円を加えると、2650円と7600円。同じように楽天モバイルは、通話SIMの1600円(3.1GB)と6150円(30GB)と5分かけ放題850円を合算すると、2450円と7000円となる。通話を含めても格安スマホの割安感は歴然だ。

 とはいえ、格安スマホは通信料を抑えるために実店舗を持たず、問い合わせは電話かネット受付のみとなっている。また、端末とSIMカードが別々の契約で、これまでの携帯電話会社では無料だったサービスが有料となる、などの注意点もあり、「今までどおりのサービスが安く受けられると思っていたのに、実際はサービス内容が違っていた」といったトラブルも少なくない。

 その一方で、料金プラン的にはライトユーザーにもその恩恵が大きくもたらされるのは間違いない。手始めに“2台目”として契約してその使用感を確かめてから、節約に本腰をいれてみるという選択肢はあるかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。