マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療費節約で重要なのは、看護師の数と大病院への紹介状

2017年5月2日 16:00

医療費節約ワザ、病院は看護師の数がポイント

医療費節約ワザ、病院は看護師の数がポイント

 いくら健康保険に入っているからといっても、決して安いものではないのが医療費だ。細かいテクニックを駆使して節約ができるのであれば、実践しないに越したことはない。

病院は看護師の数で選べ

 意外と知られていないのが、入院患者数に対する看護師の数で、病院ごとの入院時の医療費に差が生じていることだ。これは「施設基準」と呼ばれるもので、一般病棟への入院1日当たりの基本料金は、入院患者7人に対し1人の看護師がつく病院だと4773円(3割負担の場合)。患者15人に対して1人の看護師がつく病院だと2880円。実に1893円の差が出る。『読むだけで200万円節約できる!医療費と医療保険&介護保険のトクするワザ技30』(ダイヤモンド社)の著者で医療問題に詳しいジャーナリストの早川幸子さんが説明する。

「施設基準は病院のホームページや受付などに掲示されています。重病で手厚いケアが求められるケースはその限りではありませんが、軽症で緊急性のない病気の場合、施設基準を調べて病院を選ぶことも、医療費の節約につながります」

大病院には必ず医師の紹介状を持参せよ

 大学病院や国立病院など、入院用のベッド数が500床以上ある大病院を医師の紹介状なしに初めて受診すると、「選定療養費」という特別料金を取られる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。