マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ATMに注目、60歳過ぎからのメインバンク選びのポイント

2017年5月11日 7:00

メインバンク選びではATMが注目ポイントとなる
メインバンク選びではATMが注目ポイントとなる

 リタイア後のメインバンク選びを考えるうえで大切なことは何か。サラリーマンが退職して会社通いから解放されると日常生活の活動エリアも大きく変わる。通勤で利用していた駅に足を運ばなくなり、逆に自宅に近い商店や病院、公共施設などを利用する機会が増え、預金の引き出しをするにも家の近所で少額を下ろすケースが多くなりそうだ。ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦氏はこう語る。

「生活範囲内に支店やATMが充実しているかがポイントです。たとえばメインバンクの支店が現役時の生活圏にしかなければ、退職金や年金の受け取りを機に、自分のライフスタイルに適した地域密着型の金融機関にシフトするのも一考です」

 その場合、住宅街よりも駅やオフィス街に多い大手行は敬遠されそうな印象があるが、ここでも多角的な検討が必要だ。

「日本は今、オーバーバンキング状態。すでに3行に集約されたメガバンクはともかく、地銀や信金・信組などは将来的な合併によって自宅付近の支店やATMコーナーがなくなってしまう可能性もある。考えればキリはありませんが、そうしたリスクを考えれば、近くにメガバンクの支店があれば安心かもしれません」(同前)

 また、金融機関の支店であれば営業時間内は手数料がかかることはないが、支店が近くになかったり、営業時間外だったりすれば、自宅近くのATM、特に24時間稼働しているコンビニのATMを利用することになる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。