マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

世界中の金融商品に投資ができる! CFD再入門

2017年6月27日 12:00

「CFD」のマーケットが拡大している。従来、個人投資家が取引をしようとすると、面倒な手続きが必要でコストも割高だった金融商品が、よりカンタンかつ低コストで取引ができるようになってきた。

 そこで、改めてCFDの基本とともに、そのメリットおよび取引の際の注意点について解説しよう。

CFDとは?

 そもそもCFDとは「差額決済契約」のこと。CFDの取引はさまざまな金融商品の「価格」を対象とするが、金や株式などのような資産の現物の受け渡しはおこなわれない。反対売買をすることで取引が終了する。

 この差額決済契約の代表的なものがFX(外国為替証拠金取引)だ。つまり、FXは通貨を取引対象としたCFDといえよう。

money-post2017-06-50

CFDの仕組み

 したがって、CFDは国内外のさまざまな株価指数や商品(コモディティ)、株式を投資対象としているので、株価指数やコモディティ、個別銘柄をFXのように取引をすることができることになる。このように考えると、CFDの仕組みを理解しやすい。

money-post2017-06-50-2

 CFDの取引には店頭CFDと取引所CFDの2種類がある。店頭CFDは、CFDを取扱う会社の提示した価格で取引をする(これを相対取引と呼ぶ)。

 一方、取引所CFDは、日本で唯一のCFDの取引所である東京金融取引所の「くりっく株365」で提示される価格で取引をする。「くりっく株365」の価格は、複数の業者が提示する価格のうち、投資家にもっとも有利な価格が選ばれるが、店頭CFDの価格よりも有利とは限らない。

 また、店頭CFDと取引所CFDは、投資対象やレバレッジ、手数料などが異なる。

CFDの4つのメリット

メリット1:少額取引

 FXの特長といえば、なんといっても少額の資金で投資ができるところだ。当然、CFDにもあてはまる。

 FXは、国内では投資する資金の最大25倍に相当する取引をすることができる。簡単にいうと、投資する資金が1万円なら最大25万円分の取引が可能となる計算だ。取引に必要な最低限の資金を「必要証拠金」、倍率を「レバレッジ」と呼ぶ。

 一方、CFDの場合、取引をする会社の金融商品によっては50倍、80倍まで可能となっているケースがある。投資家がレバレッジを高くすれば、必要証拠金は少なくなり、低くすれば必要証拠金は多くなる。レバレッジを高くすればするほど、損失も利益も大きくなるハイリスク・ハイリターンの投資となる。

メリット2:24時間取引

 さらに、FXのようにほぼ24時間取引ができる点もCFDのメリットといえるだろう。

 CFDは個別の金融機関を取引相手とする店頭取引と、金融機関を経由して取引所で売買する取引所取引に分かれるが、いずれも朝方の一部時間帯を除き売買が可能。

 祝日でも取引ができるものがほとんどだ。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。