マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2017年夏号 注目記事

Switch効果で任天堂株に脚光、ゲーム業界の潮流も変化か

2017年6月23日 17:00

「トランプラリー」が一段落し、方向感の読みにくい相場が続いている。こうした中で今後の投資チャンスはどこにあるのか? レオス・キャピタルワークス代表取締役社長で「ひふみ投信」運用責任者の藤野英人氏が解説する。

据え置き型ゲームの復権なるか? (「Nintendo Switch」HPより)

据え置き型ゲームの復権なるか?(「Nintendo Switch」HPより)

 * * *
 難しい局面が続く相場だが、手がかりがないわけではない。目下のところ、私が注目しているのが任天堂(東証1部・7974)だ。

 今年3月に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」は発売前の評価はそれほど高くなかったが、国内外で入荷待ちとなるなど好調な滑り出しとなっている。同時発売の『ゼルダの伝説 ブレス オブザ ワイルド』が人気ソフトとなり、今後も『スプラトゥーン』や『ドラゴンクエスト』シリーズなどが次々と投入される予定で、さらなる期待が高まる。

 ゲーム業界はしばらくスマホゲームの時代が続いてきたが、スイッチの登場によって、コンソール(据え置き)型に潮流がシフトする可能性が高いと見ている。そうなると、昨年、スマホゲーム『ポケモンGO』で株価が急上昇した任天堂株が、再び相場の主役に躍り出る公算も高まってくる。

 そして昨年の相場がそうだったように、関連銘柄にも大きな賑わいが予想される。たとえば『信長の野望』シリーズなどを手がけるコーエーテクモホールディングス(東証1部・3635)やカプコン(東証1部・9697)、バンダイナムコホールディングス(東証1部・7832)なども注目だろう。あるいはライバルであるソニー(東証1部・6758)への相乗効果も期待できるかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。