マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2017年夏号 注目記事

AI、ビッグデータ活用ファンドのメリット、デメリット

2017年6月28日 17:00

 投資信託の世界にもAI(人工知能)やビッグデータの波が押し寄せている。投信市場の最新動向について、楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子氏が解説する。

AIやビッグデータを活用したファンドが続々登場

AIやビッグデータを活用したファンドが続々登場

 * * *
 最近注目されているファンドに、「AI」「ロボット」「ビッグデータ」といったキーワードに関連するものがある。しかし、この“関連”には2つのタイプが存在する。

 ひとつは、AI、ロボット、ビッグデータといったテーマに関連する個別銘柄に投資するファンドである。『グローバル・AIファンド』(三井住友アセットマネジメント)や『グローバル・ロボティクスファンド』(日興アセットマネジメント)といったものだ。いずれも従来型のテーマ株ファンドであり、運用手法に目新しさはない。

 昨年から続々と登場しており、押し並べて売れ行きは好調であるが、中には信託報酬ほかの手数料が高いものがあり、注意が必要だ。

 もうひとつは、AIやビッグデータ自体を活用したファンドである。簡単にいうと、AIやビッグデータを駆使して銘柄の選別や最適な資産配分をおこなう、という手法を用いている。

 たとえば、アセットマネジメントOneの『ビックデータ活用 日本中小型株式ファンド』は、まず、一般的なニュースなどをソースとするビッグデータの集計・分析により、注目されているキーワードを抽出。

 同時に、そのキーワードの魅力度を判定するとともに、関連銘柄を選出する。次に、そうしたプロセスを経て選出された銘柄を、今度はファンドマネージャーが個別に分析をして、実際に投資する銘柄を決定する。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。